板垣孝司ブログ
公式
ドイツ1部監督。青森山田前監督
ブラジルの2021一般Aランク1位のアユミちゃんと森部コーチがクニックスホーフェンに来てくれました!

ブラジルの14歳のKARINA AYUMI SENAGA SHIRAY がクニックスホーフェンに来てくれました!南米のカデットチャンピオンで、WTTユースコンテンダーにも出場している才能豊かな選手です!
「森部くんがWTTスペインとWTTチェコの間の期間にドイツで練習させたいと言っているから連絡を取ってくれ!」と平岡さんから指令があり、すぐに連絡を取りました。コハルがスペイン大会に出場していたこともあり、同じ飛行機でフランクフルト空港に来てもらいました。

平岡ブログでも紹介された「変人(笑)で濃い!」森部コーチ。今までの武勇伝を聞いたら、あまりの凄さに開いた口が塞がらないほど..。アドリアーナ・ディアス(プエルトリコ・世界ランキング9位)も指導していたそうです。自宅で卓球談話を交わしていると時計の針は翌日に.. 私はお先に失礼させていただきましたが、森部コーチと妻はそこから1時間半のトーキングだったそうです..

ポルトガル語が母国語のブラジル。これで練習場はスペイン語、ドイツ語、英語、ポルトガル語、日本語が飛び交うようになりました。通訳はスペイン語のナターシャ(冒頭の写真の右端)にお願いしていますが、自分でも誰に何語で話しているかわからなくなるほど国際色豊かになりました笑。

WTTスペイン大会に出場したコハルは日本代表の青木選手、小塩選手選手とも対戦しました。もちろん全く相手になりませんでしたが常日頃から「本当に勝ちたかったらライバルはアジアの選手」という私の言葉を身にしみて感じてくれたと思います。

「コハルちゃん、ライブに映っているよ!」
「え?テーブル8だよ!」
「髪が長いから奥のコートで試合しててもわかったよ!」

日本にいる渡辺理貴さんから連絡をもらいました笑

ブンデスリーグのシーズンが終わり選手達がホリデーに入ったため、アキトが全く相手にならないような強い選手と練習できないか?バイエルン州のコーチのコーネルに相談したところ、

「シェチェニン(ベラルーシ)が確かWürzburg(自宅から車で1時間の街)に住んでるはず。ただ練習はやるのかわからないけど..」と教えてくれたので、すぐに連絡先を調べ、直接相談したら「月曜日の19:00〜1時間だけで良いなら練習できるよ!」と言ってくれました。

シェチェニンは私と同じ1970年生まれ。サムソノフとの2枚看板でヨーロッパ選手権団体で優勝し、チェン・ウェンシー(オーストリア)とのカットペアーで男子ダブルスも優勝している天才カットマンです。来シーズンは4部リーグでプレーします。

彼は、私が坪井選手、及川選手、三部選手を引率したベラルーシオープンで決勝に進出しました。決勝の相手は吉田海偉選手。私は吉田選手のベンチに入りました。カット打ちの鬼である吉田選手の楽勝と思いきや、4対3の大接戦でしたが、その感覚の良いブチ切れカットの凄さは今でも鮮明に覚えています。シェチェニンも僕の顔を覚えていてくれました笑。

アキトは今まで触ったことのないカットのボールの質(時々切れすぎてバウンドすらしない!)に勿論1ゲームも取れず。でも本当に貴重な経験で「週一回なら練習してあげるよ」と言ってもらいました。

6月に入りました!6月は日本からコーチをお招きしガッツリ教えてもらう計画です。

2022年6月3日
ランチ1回分の月額料金でプレミアム動画が見放題!詳しくはこちら!