板垣孝司ブログ
公式
ドイツ1部監督。青森山田前監督
Bad Roachは女子リーグ5部優勝!Bad Königshofen 第2チームは4部リーグ3位!

週末に行われた試合でリーグが終了しました。
クニックスホーフェン第2チームは4部リーグ(リギョナリーガ南地区)で3位。まぁまぁだったと思います。特にアキトともう一人出場するジュニア選手にとっては対戦相手のレベルが高いため、当初は「5部落ちもありえるかも..」という気持ちもありましたが、終わってみれば良いポジションで終了できました。

アキトは本来3番手なのですが、バイエルン州のジュニア強化選手ということもあり、2番手として挑戦することもできるルールなので「負け覚悟」で2番手として全試合プレーしました。2番手は相手の1番2番と試合をするのでシーズン当初は全く勝てませんでした。負ければ落ち込み、私もガックリ..。の繰り返しでしたが、後半戦は8勝10敗とまぁまぁの成績でした。最終戦も前半戦では全く相手にすらならなかったポーランドの選手にフルゲーム9で勝ち。通算成績4部11勝21敗、1部0勝4敗。本当にたくさん負けましたがシーズンを通して少しは成長できたかなと思います。

クニックスホーフェンの女性選手が合同でプレーしたBad Rodachは期待を嬉しい方に裏切り、優勝し4部リーグへの昇格を決めました!着々と1シーズンずつ昇格しています笑。5部に初挑戦した今シーズン、「どれだけできるのか?」不安ばかりのスタートでしたが、蓋を開けてみればコハルが1番手としてシングルス27勝1敗。前半戦に1敗した異質タイプの選手には後半戦では3対0で快勝しました。コハルと同じ世代のスベンニャとソフィー姉妹も試合をしながら強くなりました。そしてラストの守護神の妻は21勝1敗笑。1敗はダブルゲームの時に体力がキツすぎて、試合全体の勝敗が決まっていたので試合前に自ら棄権したそうです..

今日の試合もコハルがWTTユースコンテンダー Linz大会に出場のため出られません。ソフィー、スベンニャ、彼女たちの叔母で産後半年も満たないマヌエラ、そして妻。。。「今日のダブルゲームのどっちかで引き分けし勝ち点1を取れば優勝!」とクラブの関係者に緊張感が走る中、試合前日に「2試合目の相手が棄権を申し込んだので優勝が決まった!」と連絡が来ました笑!

全くプレッシャーのなくなったこの試合、私も試合終了後のパーティーに招待していただいていたため、試合会場に行きました。妻は「あなたが私にアドバイスしたドイツでの2試合は負けたから試合は見ないように」と釘を刺されたので、

キッチンでドイツ語の勉強をしながら1人で乾杯していました。

クラブの世話役のスベンニャ・ソフィーのご家族には本当に良くしてもらいました。試合への送り迎え、コハルが国際大会に出場した時の日程の変更、諸々全て世話をしてくれました。

試合終了後は「ギリシャレストランで祝勝会」
妻とのツーショットはかなり貴重です笑。

今日はアキトの誕生日だったのでアキトとカズトも招待してもらいました。優勝に大きく貢献したコハルは「何で私がパーティーに出れないのにアキトとカズトは招待されるの!」と愚痴をこぼしながら試合に行ったのは言うまでもありません。

本当に充実したBad Rodachチームでの1シーズンでした。

2022年5月2日
ランチ1回分の月額料金でプレミアム動画が見放題!詳しくはこちら!