平岡義博ブログ

公式
ジュニア、トップ選手、強豪校を指導

平岡義博監督のプレミアム会員限定動画を無料公開中!!

平岡義博の正しいドライブ回転のかけ方
「ドライブをするにはボールを転がす」または「ラケットを転がす距離を長くする」と習っていませんか? 実際は引っ掛ける感覚が、回転をかける原理です。詳しくは動画から!
平岡義博監督の限定動画を今すぐ見る
2023年1月21日 公開

今年は『愛される人間』とまではいかなくても 『理解され易い人間』になろうと思っています

今年は『愛される人間』とまではいかなくても 『理解され易い人間』になろうと思っています

私の人生、特に社会人になって今日まで、最も大きな影響を与えてくれたお二人。
一人は、卓球メーカー・バタフライの創業者【田舛彦介】さん。
山口県柳井市の郷土の先輩であり、高校の大先輩でもあります。
若い頃、一度だけ田舛彦介さんと二人だけで出張したことがあります。
道中、沢山の話しを聴かせていただきました。
帰りの駅のホームのベンチで一つだけ質問しました。
「愛社精神とは何ですか?」
田舛彦介さんは、ちょっと間をおいて
「お客様に愛される社員になること」
その教えを胸に働いたバタフライ勤務時代。
今は一匹狼です。
この10年は『わかる人にわかればイイ』の姿勢で、行動し発信してきました。
今年は『愛される人間』とまではいかなくても
『理解され易い人間』になろうと思っています。
二人目は、入社して配属された部署、企画振興部の部長だった【辻 歓則】さん。
最初は、とにかく厳しい上司でした。
いつも怒鳴られていました。
『邂逅』かいこう
    [思いがけなく出会うこと」
    [めぐりあい]
この言葉を好んで使われていました。
単純に出会いというより、深い意味があり、小説的でドラマチックな言葉ですよね。
がさつな人で喜怒哀楽がわかりやすく、落ち着きのない人でしたが、ロマンチストな一面がありました。
卓球を愛するホンモノの『ピンキチ』でした。
本日でちょうど62年間、生きてきました。
恩人であり師でもあるお二人を思い出し、今年も少しだけ成長したいですね

プレミアムサービスで平岡監督の卓球指導動画が見放題
卓球レッスン動画を見る
ブログ記事一覧に戻る