公式

ジュニア、トップ選手、強豪校を指導

林孝哉が大学卒業式の前に学生最後の卓球をうちのクラブのジュニアを相手に練習してくれました

林孝哉が大学卒業式の前に学生最後の卓球をうちのクラブのジュニアを相手に練習してくれました

林孝哉が、3月26日の大学卒業式の前に学生最後の卓球をうちのクラブの
ジュニアを相手に練習してくれました。
孝哉が入会して来たのは、小5の3学期。
ハヤシなので『ハッピー』と呼ばれて、直ぐに皆んなと仲良くなりました。
元気があって一所懸命に練習するので、チーム全体の練習に活気が出てきました。
しかし、ラケットにボールが当たらない、回転に対して感覚が無い。要するに、下手クソで超絶弱い
もちろん大会でも全く勝てず、チームは予選落ちばかりの厄病神 (-。-;
それでも、練習に来るといつも宇田幸矢と打ち始めていました。
2つ年下の幸矢でしたが、すでに日本一で、孝哉が相手では練習になりません。
「やめろ、やめろ、勝手に打つな」
「幸矢 日本一! 孝哉 予選落ち」
「同じとこは、日本イチと予選オチの
 最後の[チ]だけだ」
小6の1年間は、かなりキツかったでしょう。
バスと電車を乗り継いで1時間半以上かけ、大田区から調布市まで毎日通って来て、練習で私に怒鳴られっぱなしですからね。
中1の都大会では、第1シードと関東大会代表決定戦。
相手の油断で1ゲーム目は縺れ、ネットインとエッヂが3本続いて1ゲーム目先取。
声を出しまくり勢いに乗ってそのまま勝利。
1年生で都大会3位。関東大会でも全国中学校大会代表になる奇跡の快進撃。
全国中学校代大会には、1年から3年生まで、3年連続シングルスで東京都・関東代表として出場しました。
卓球だけでなく勉強も頑張っていて、高校は明治大学付属中野高校に進学。
インターハイや全国選抜、国体に出場。
明治大学では、全日本学生にも出場。
コロナ禍で関東学生リーグ戦を存分に味わうことができませんでしたが、勉学にも励んで、4月1日から皆さんも日々お世話になっている有名な会社に入社。
良き出会い、根性と努力が、大事だと教えてくれる林孝哉です。


ランチ1回分の月額料金でプレミアム動画が見放題!詳しくはこちら!