公式

ジュニア、トップ選手、強豪校を指導

故 吉田安夫先生と高市早苗氏との 思い出話し

故 吉田安夫先生と高市早苗氏との 思い出話し

昔々の話しです。
岐阜市で全日本カデット大会がありました。
大会が終わって、吉田安夫先生と東京まで
一緒に帰ることになりました。
日曜日の夕方で上りの新幹線は大混雑。
指定席を手に入れるのは厳しい状況です。
吉田先生は、こんな時はグリーン席が空くから買ってくるように言われました
さすがに吉田先生に言われて断ることもできず、
無理だと思いながらも渋々[みどりの窓口]へ
なんとグリーン席を2枚買うことができました。 
しかも同じ車両で通路を挟んで隣同士。
恐るべき吉田安夫先生です。
新幹線に乗り込むと、吉田先生はすぐに
大きな声で会話を始めてきました。
とにかく声がデカい
吉田先生が喋りの中でよく使う言葉
「バカ野郎」
しかもこの言葉を発するときは更に大きい声。
寝てる人もいる静かなグリーン車両内に響きます
「先生、ボリューム下げてください」しかし、
お願いを聞き入れる吉田先生ではありません。
なんと吉田先生の隣の席に
あの高市早苗氏が座っていました。
綺麗でしたね。脚を組んでスタイル抜群。
細目の煙草をカッコよく吸っていました。
「先生、隣の席は高市早苗ですよ」ヒソヒソ声。
「なに気取ってんだい」と
全く意に介さない吉田安夫先生。
高市早苗氏も吉田先生の大きな声に
全く表情も変えずに涼しい顔で
煙草を燻らせていました。(-.-)y-., o O
高市早苗前総務相は自民党総裁選に
立候補していますね。
もしかすると決選投票で大逆転して
女性初の総理大臣になるかもしれませんよ!
午後には決着しますね。
大物2人に対面してオロオロする小者の私。
故 吉田安夫先生と高市早苗氏との
思い出話しでした。

ランチ1回分の月額料金でプレミアム動画が見放題!詳しくはこちら!