公式

ジュニア、トップ選手、強豪校を指導

高所恐怖症を感じることもないまま、 高知竜馬空港に無事着陸

高所恐怖症を感じることもないまま、 高知竜馬空港に無事着陸

調布駅北口から出発したリムジンバスは、
38分で羽田空港に到着。早朝はなかなか速い。
久しぶりの JAL第1ターミナルですが、
やはり人の数は少なくスムーズに搭乗手続き完了。
定刻に機内に乗り込むと、非常口座席
非常時には緊急脱出の援助をお願いされました。
高所恐怖症の私は戦力にはなりませんよ。
後ろの座席に大学生らしき男3人組が着席。
離陸前から、喋る喋る大きな声で( ̄▽ ̄;)
還暦オヤジはまだ人間ができていないので
さすがに五月蝿い⚓️
還暦オヤジ3人組の会話は大学生にとって
ジジ臭くて聞いてはおれないでしょうが、
還暦オヤジにとっても若造3人組の会話は、
アホ臭くて聞いてはおれないのだ。しかも眠たい
前の座席が空いていたので
移動させてもらいました。
しかし、またも非常口座席。
水平飛行機になったのでリクライニングに
しようとしましたがやり方が分かりません。
ちょっと恥ずかしかったのですが、
CAさんに尋ねて助けてもらうことに。
一生懸命にボタンを探してくれましたが、
見当たりません。
「非常口座席にはリクライニングはついてません」
他の座席変更を勧められましたが、
既に1回座席移動しています。
「あっ 大丈夫です。ありがとうございます」
気弱な還暦オヤジは、
背筋を伸ばしたまま飲み物を待ちました。
そうこうしている間に、着陸態勢。
全く揺れることなく、安定のフライト。
途切れることのない3人組の会話をBGMに、
背筋を伸ばしたまま、眠ることなく、
高所恐怖症を感じることもないまま、
高知竜馬空港に無事着陸しました。
めでたし、めでたし、
空の旅を楽しみました。

ランチ1回分の月額料金でプレミアム動画が見放題!詳しくはこちら!