公式

ジュニア、トップ選手、強豪校を指導

卓球ジジイに私はなりたい

卓球ジジイに私はなりたい

オギャー…と
1961年1月17日に産声を上げたのが、
日本国山口県柳井市の産婦人科病院の一室。
早や 60年が過ぎました。【還暦】
保育園、小学、中学、高校、大学と22年間
『親のスネをかじって』勉強にスポーツに
勤しまさせてもらいました。
大学卒業の22歳からは、卓球用品メーカーの
(株)タマス バタフライの『スネをかじって』
サラリーマンとして勉強させてもらいました。
バタフライの22年間はサラリーマン不適格の
仕事振りでした f^_^;
44歳で退職独立し、個人事業主になって16年。
多くの卓球人の『スネをかじって』ます。
まさに自由人『卓球自由人』を謳歌しています。
私の人生は22年周期で新しい世界へ。
あと6年は、今の調子で卓球自由人を
続けていければ有り難いですね。
その後は、卓球大会会場に出没すると
「また、あの爺さんが来てるぞ」
「打ち方が悪いと言われるぞ」
「基礎技術を反復しろと言ってるぞ」
「意外と的を射た話をするよ」
「面白い話をするから聞いてみよう」
「酒を呑みに連れて行ってくれるぞ」
そんなことを言われる卓球ジジイに
私はなりたい。
還暦の願い
皆さん、ありがとうございます m(_ _)m
今後も懲りずによろしくお願い申し上げます

ランチ1回分の月額料金でプレミアム動画が見放題!詳しくはこちら!