フルダ戦から深夜にブレーメンに移動 – 卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ

公式

ドイツ1部監督。青森山田前監督

フルダ戦から深夜にブレーメンに移動

フルダ戦から深夜にブレーメンに移動

ドイツカップ・フルダ戦終了後、ドイツ北部ハノーファの近くでバイエルン州代表として出場していたコハルとフルダの試合会場で合流し、アンディーに預け

9月24日(火)に行われるブンデスリーグ・ブレーメン戦に自分の車で直接移動しました。走行距離は400キロ。真夜中に到着し流石に疲れました。

それでも選手は午前中から練習です。


ここブレーメンでは2019世界選手権準優勝のFALCK Mattias(スウェーデン/WR9位)今シーズン、グレンツァオから移籍したグラシメンコ選手(カザフスタン/WR72位)の他、スッチ選手の妹(ルーマニア/WR17位)(手前から2台目)も一緒に練習を行っています。

現在、卓球メーカー・ヤサカの社長である矢尾板様は、私が大学を卒業し最初に就職した三井生命時代の直属の上司です。ヤサカ契約選手に会ったら宜しく伝えて欲しいと常々言われていたので、ファルク選手に写真をお願いし矢尾板さんに送りました。


練習後、4人で日本食レストランを検索し、「さくら」というお寿司屋さんを見つけました。(冒頭の写真です)シュテガーも日本食大好きだそうです。
「高いとキツいな〜」と思いながら店に入ると「ここは食べ放題の回転ずしです」と。
「えっ!」
目が輝く及川選手!
「いくらですか?」

本人曰く40皿以上食べたそうです。もちろん日本の寿司とは少し違いカルフォルニア巻きやサーモンが中心ですが、餃子や唐揚げもあり、値段を気にせずガンガン食べたい人には本当にオススメです。「ミズキ、次回は変装してこないと出入り禁止になるんじゃない?」シュテガー選手の冗談が冗談に聞こえませんでした笑。

気持ちを切り替えて明日のブレーメン戦に全力を尽くします。

現在全勝同士の対決です。首位チームのマークだけがリーグ表の一番上に大きく映し出されます。


回転ずしは10.5ユーロ食べ放題です笑!信じられない安さ。