公式

ジュニア、トップ選手、強豪校を指導

卓球カットマンとして勝つための大切な要素

卓球カットマンとして勝つための大切な要素

ジュニア教室の中学1年生の女の子が、
カットマンに転向しました。

カットマンとして勝つための大切な要素はなんでしょうか?

私が卓球を始めたときからトップで活躍されていたのが、高島規郎さん。
大学時代の監督が渋谷五郎さん。

後輩には、渋谷浩に松下浩二のカットマン全日本チャンピオンがいます。

彼らは、カットで拾いまくっていると言うより、カットを相手に打たせているような試合をしていました。

【支配力】

守りながらも相手を支配してコントロールする能力。
「また、そのように見える)

十数年前に、そんな支配力を感じさせる、卓球を始めて1年も経たない小学生の女の子に出会いました。
「すでに俺よりカットの資質超えてる」
やはり、女の子は小中高校のタイトルを獲りました。

しかし、ある時からその支配力は何故か消えてしまい、トップでは勝てなくなりました。

この夏1番の残念なこと。

昨年の夏、久々に世界に通用する
【支配力】を持ったカットマンを見つけましたが、この夏の大会でみたら、すっかり支配力を感じなくなっていました。
ガックリ (>人<;)

そんなことを考えながら、まだラリーを3本も続けることの出来ない子とカットに挑戦します。

ランチ1回分の月額料金でプレミアム動画が見放題!詳しくはこちら!