【ブンデスリーグ開幕戦】完璧なスタート!グレンツァオに3対0で勝利! – 卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ

公式

ドイツ1部監督。青森山田前監督

【ブンデスリーグ開幕戦】完璧なスタート!グレンツァオに3対0で勝利!

【ブンデスリーグ開幕戦】完璧なスタート!グレンツァオに3対0で勝利!

2019-20開幕戦がホームのシェークハンズアリーナで行われました。まだホリデー中ということもあり噂では300人くらいのお客さんになるのでは… との事でしたが試合開始時刻にはほぼ満員の680人の方が会場に足を運んでくれました。1部リーグ3シーズン目、クニックスホーフェンの卓球の人気も定着してきているので本当に嬉しく思いました。

対戦相手のグレンツァオはブンデスリーグの名門中の名門クラブです。今シーズンはアメリカからカナック(Kanak)選手(WR33位)が加わりました。ただグレンツァオには過去2年間で4戦4勝中。今日は絶対に負けられない試合でした。

試合に先立ち、6月の全ドイツで優勝したジュニアチームの紹介があり、いよいよ入場です。もちろん一際大きい声援をもらっていたのはバイエルン州のレジェンド、新加入のシュテガー・バースチャン選手でした!生粋のクニックスホーフェン育ちのキリアン・オート選手、そしてこの街で最も愛されている日本人の及川選手、フィリップ選手のメンバーは現時点での最高のチームだと思います!

グレンツァオは曲者のリンド選手(デンマーク/WR74位)がブルガリアオープンで体調を崩したようで、カナック選手、ファイターのボボチカ選手(イタリア/WR98位)、U21ヨーロッパ優勝のSgouropoulos(スゴウロポロス)選手(ギリシャ/WR199位)の布陣です。クニックスホーフェンはエースにシュテガー選手、キリアン選手と及川選手がラストのダブルスを組む布陣での勝負です。

【ブンデスリーグ第1戦ハイライトビデオです】


1番 シュテガー選手 対 ボボチカ選手。第1ゲーム9対9から冷静にプレーし11対9で先制したシュテガー選手が3対0で勝利!「バースティー、緊張した?」と試合後に聞いたら「それは緊張したよ!5年間プレーしたブレーメンを離れ、生まれ故郷のバイエルンに帰ってきての初戦だったから、自分のボールの質は低かったけどただ台に入れることだけに集中したよ!」と笑って言うシュテガー選手。ただベンチで見ていると彼のプレーの安定感は【安心感】すら与えてくれます。「シュテガーのベンチコーチはどれだけ緊張するのだろう?」と自分を心配していましたが、逆に全く緊張しませんでした。9対9でも落ち着いて最も効いているレシーブを2発!ラリーでの美しい跨線を描くバックドライブは観客を完全に魅了していました。マッチポイントでも【中陣からのバックドライブ!】で勝利を決め渾身のガッツポーズ!

2番 キリアン選手 対 カナック選手。ITTFワールドツアーで一度対戦し、私がベンチコーチを務め勝っていたのでキリアンを当てに行きました。でもその試合は第7ゲーム11対9の大激戦だったので今回は5分だろうと思っていました。第1ゲーム9対3、10対4と大量リードしてからジュースに追いつかれる嫌な展開でしたが、ここを乗り切り3対0で勝利!相手のネットインを拾い、そのボールがサポートの下に当たってから卓球台に入るというスーパープレーも飛び出しました!

3番 及川選手 対 スゴウロポロス選手。ギリシャの先輩であるクレアンガ選手のようなプレーに序盤こそ戸惑うものの、徐々に及川選手らしいプレーが出てきました。後半はブンデスリーグでの先輩の貫禄を見せ3対0で勝利!

何と開幕戦はオール3対0での勝利(驚)!昨年度のチャンピオンのオクセンハオゼンがザーリュブリュッケンに0対3で敗退する波乱も…
「オール3対0だから絶対に首位だな!」最高の気分で翌日に行われた残り2試合をライブで見ていたら何とベイグノイシュタッドもオール3対0で勝ちそう。3番も既に2対0の8対8「嘘だろ.. 頼むから1ゲーム取ってくれ!」フルダの応援を必死にしていたらファン選手が第3ゲームを取りました笑「これで首位だ!」相手チームのフルダはエースのプッツァー選手がやはりブルガリアオープンで体調を崩したそうです…


そして明日出発でまたチェコに行きます。ITTFチェコオープンで選手のベンチコーチをするためです。8月だけで3回目のチェコ笑!