公式

ドイツ1部監督。青森山田前監督

【ブンデスリーグ最終節(前編)】及川選手が皇帝ティモ・ボル選手に勝利!( vs デュッセルドルフ)

【ブンデスリーグ最終節(前編)】及川選手が皇帝ティモ・ボル選手に勝利!( vs デュッセルドルフ)

2018-2019シーズンの最終戦がアウェイで行われました。相手は王者デュッセルドルフ。

「ティモ・ボル選手が出場する!」情報が入ってきました。過去3試合はティモ・ボル選手(ドイツ/ WR5位)は私たちクニックスホーフェン戦には出場しておらず、やっと【ヨーロッパの皇帝】と真剣勝負ができると思うと私も気合が入ってきました。現在の世界トップ選手の中で対戦相手のベンチコーチをしたことがない選手が馬龍選手(中国)張継科選手(中国)ティモ・ボル選手(ドイツ)の三人でした。

心の中では決まっていました「及川を最初にティモにぶつけよう!」と。そのためにはエースではなく、いわゆる相手のエースに当てに行く3番手扱いの選手になってしまいます。チーム関係者に相談したら「ミズキとティモが前半で対戦したらチームの勝つ確率は断然低くなるじゃないか」という声も。

「それは違う。ミズキは今シーズン、ヨーロッパ2位のイオネスク選手(ルーマニア)3位のフランシスカ選手(ドイツ)にも勝っているし、あとはティモ・ボル選手だけ。そして前節のカルデラーノ選手(WR6位)にもフルゲームだった。もし及川選手が勝てばチームは3対0で勝つ可能性すらある。何れにしても及川選手がエース対決でティモ・ボル選手に勝たないとチームの勝利は有り得ないと思う。そして僕の仕事はチームを勝たせることと同時に選手を強くすること。目の前に皇帝が現れたのにチャレンジさせない理由は、僕には全く見当たらないよ」

「わかった。コージ。お前がボスだ。お前が責任を持って決めてくれ!」

当日は少し早くデュッセルドルフに入り、日本食レストランの「RIKA」で昼食です。
りか
デュッセルドルフのナショナルトレーニングセンター近くのレストランは、ここで練習したことのあるほとんどの日本人選手が足を運んでいます。
定食
このボリュームで良心的な価格は最高です!(あまりに美味しそうで写真を撮る前に箸をつけてしまいました…)お店の方も試合会場に足を運んで応援してくださいました。

会場入りし、選手たちが「コージ、今日は俺何番だ?」と聞いてくるのに対し「まずは本当にティモ・ボル選手がコートに来るか確認するから待ってくれ。彼が出るのであればミズキは2番」

「本気か?」

「ミズキがティモ・ボルに勝てば3対0で勝つチャンスがあるよ。俺は冗談は言わない!」

デュッセルドルフのセンターコートでの試合は2回目。やっぱりこの【聖地】での試合は気持ちが高ぶります。

卓球をやっていて良かった。色々な方にお世話になりこのコートに立つことができるんだな、と試合前に感情的にさえなりました。

そして試合開始。

一番は及川選手 vs ティモ・ボル選手。
「及川、今シーズンの集大成だ。今まで学んだ心技体知の全てを出し尽くして、そして【楽しんで!】来ていいよ。ただ一つ、どんなにティモがスーパープレーを出してきても、絶対に最後の一点まで喰らい付くこと。それだけは約束してくれ!」

第2ゲームまではお互いのサーブレシーブの勝負。ここで0対2になってしまっては勝負になりませんが、なんとか1対1になり勝負の第3ゲーム。徐々にティモ・ボル選手のボールに対応してきた及川選手が「一歩下げられて」からも前に貼り付き、バックバックで押し始め、たまらずティモ選手がタイムアウト。そしてジュースの攻防で私がタイムアウト。最後は今シーズン最も威力を発揮した下回転サーブでサービスエース!ただ、このままでは終わるはずのないティモ・ボル選手は4ゲーム目、及川選手のフォアサイド横にサーブを出し、少しでも打球点を落としたボールを見逃さず、上からカウンタードライブで攻め始めます。プラスチックボールになり回転量が落ちるこのドライブは意味がないので、最終ゲームは「サーブが横に出ていても高い打球点でフリックをしてから勝負!」のアドバイスに見事なフリックからの連打を決めた及川選手がとうとう皇帝を追い詰めます。

長いラリーを制し、腰の入った3球目を決めてとうとう王手!最後はバックバックの攻防がエッジで入り、見事な勝利!

【ハイライトビデオです】


勝利の瞬間の私の「ドヤ顔」を後ろから応援していたアンディーが先にフェイスブックに投稿してしまいました(笑)

震えが止まりませんでした….ティモ・ボル選手が世界で活躍するようになってから日本人でティモ・ボル選手に勝ったのは、私の記憶では水谷選手、張本選手、そして今回の及川選手の3人だけだと思います(記憶が間違っていたらゴメンなさい..)

そして2番のベンス選手 vs アントン選手(スウェーデン/ WR125位)。

「コージ、今日は3対0で勝てるって本当か?」
「ベンス、俺はこの場で冗談は言わないよ。本当に3対0なんだ」
「わかった」
腰に痛みがありフルに動けないベンスは表情を引き締めてコートに向かいました。
【後編に続きます】