張怡寧VS劉詩文

張怡寧VS劉詩文

新旧女子天才対決、注目すべきは両選手のステップです。

卓球を習ったことがある方は必ず一度は言われた事のある、「ためを作る」「戻りを早くする」これらの動作がこの動画ではっきりとわかります。

ためとは何か?戻りとは何か?

両選手共に打球した瞬間、足が1回コートから離れているのがわかります。
そして、次の相手が打球する前後でもう1回足がコートから離れているのも見られます。

つまり、自身の打球間で2回ステップをしています。
1回目のステップはためた力を打球時にボールに伝えるためのものです。
そして、この2回目のステップこそが「ため」であり、同時に「戻り」でもあります。

相手が打球するまでの片道で2回ステップできると、返球の間はゆっくりと「ため」を維持しつつボールを見る時間が生まれます。
これにより、相手の打球コースに対する反応が劇的に早くなります。

多くの方も、実際には2回ステップは出来ているのですが、2回目のステップが遅れているのです。自分のコートにボールが返ってきた頃になり、ためがためでなくなるのです。

シェークハンズでは、「ため」や「戻り」といった言葉の意味だけでなく、動作の状態やタイミングを交えて、動画を通じてわかりやすくご紹介していきたいと思います。

 

ランチ1回分の月額料金でプレミアム動画が見放題!詳しくはこちら!