ブンデスリーグ13部?優勝決定戦 – 卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ

公式

ドイツ1部監督。青森山田前監督

ブンデスリーグ13部?優勝決定戦

ブンデスリーグ13部?優勝決定戦

私どもクニックスホーフェンはたくさんの選手がプレーしていて、それぞれの年齢やレベルに合わせて団体戦に出場しています。
第1チームはブンデスリーグ2部で優勝し、来シーズンは1部に挑戦!
17522850_1426234604107947_3400244151641433704_n
第2チーム(私が毎日指導しているジュニア選手中心のチーム)は7部で優勝し、来季は6部(全バイエルン州)へ!
第4チーム(妻がプレーしたチームです)は残念ながら昇格ならず来季も16部(だと思います)でプレーします。

今日は第3チームの優勝決定戦が行われました。ブンデスリーグの時に朝早くから会場設営をしてくださるサポーターの方々のチームです。
長男のアキトは前半戦はキッズチームでプレーしましたが、「後半戦は大人チームでプレーしよう!」と誘っていただき大事な優勝決定戦でもプレーすることになりました。シェークハンズの小谷社長も今シーズン一度参戦していただきました!
今日の試合は(13部ではありますが)もの凄い緊張感でした。前半戦では7対9で敗退している相手です。引き分けでは優勝に届かないので勝たなければなりません。エースのJosef(キリアン選手のお父さん)は午前中にアキトと練習をした後「ラバーの調整が上手くいかないから午後も練習をしてから行く」と超ナーバス。アキトも戦力になれるかドキドキの1日でした。アウェイの会場に到着しマネージャーのPeterからは「コウジ、今日はコウジはアキトの父親ではないからな。ヘッドコーチとしてチームを勝たせるのが仕事だからな!」と喝を入れられ(泣)試合がスタート。

ダブルスが1勝2敗で終わり、シングルスがスタートします。

来季の12部への昇格が決まりました(笑)!アキトも「今日はチームの勝ちに貢献できて本当に嬉しい!」とちょっと興奮気味でした。そういえば、1部昇格を決めた第1チームの最後( vs Hilpoltsten )も最後は相手のサーブミスでした。みんな神がかっていました(笑)。

アキトは今シーズンの団体戦を40勝4敗で終了しました。試合の勝ち負けにはこだわりますが、それより一度も同じ相手と試合をしていないというのが貴重な経験です。バック粒高の大人に翻弄されたり、左シェーク表の選手のナックルブロックに敗戦寸前になったり。時にはわざとロビングで凌がれて涙目になったり(泣)。日本の同年代の選手たちから比べるとまだまだ実力不足は否めませんが、本人なりに一生懸命頑張ったと思います。
妻は…。10年以上公式試合から遠ざかり、ラケットももう持っていないのにまさかドイツに来て選手としてプレーするとは思っていなかったようです。こちらに来てからシェークハンズの動画を見て「cc理論」と「SS理論」等を見て勉強し、時折17歳16歳11歳男子達と練習しています。そして試合に出れば「足に血豆ができた」と嘆いていました。(トータル5勝4敗!全員男性と)。

これで今シーズンが本当に終了しました。充実したシーズンでした。
この街で卓球を通してたくさんの人たちにお世話になっています。