公式

ジュニア、トップ選手、強豪校を指導

踏み込め詐欺(サギ)の日本卓球界

踏み込め詐欺(サギ)の日本卓球界

卓球の指導をしていて色々な壁にぶつかります。
長年、外国選手を指導していた私にとって日本の技術指導には違和感があります。フォアロングは『右足から左足へ体重移動をしっかり行なうことが基本』とよく言われます。私は、これはフォアハンドの一つの方法と捉えています。

『体重移動』や『重心移動』の目的は、体を移動させることと体の軸を回転させることが主にならなければならないと思います。どうも日本では、打球に威力を増すための『押し』を加えることと捉えている節があります。同じようなことに『踏み込み』という言葉が日本人は大好きです。前に踏み込めばパワーが出ると単純に考えていませんか。卓球の特性は、ボールが軽く回転が猛烈にあることです。重心ごとボールにぶつかってしまっては、ボールの回転の餌食になってしまいます。

特に初心者や中級者クラスには致命的な体の動きと言えます。ミスの原因は踏み込みが足りないから、パワーを出すにはしっかり踏み込むようにという『踏み込み』を万能薬のように指導することを私は【踏み込め詐欺】と言っています。
 
腰やヒザを痛めている方が多いのは、踏み込みにこだわり過ぎているからではないでしょうか。私の教室では「踏み込むな」「体重移動は基本ではなく一つの方法と考えて」と言っています。

平岡義博

ランチ1回分の月額料金でプレミアム動画が見放題!詳しくはこちら!