公式

ジュニア、トップ選手、強豪校を指導

世界を目指す選手や指導者にいつも言っていること

世界を目指す選手や指導者にいつも言っていること

「全日本で勝つこと、世界ランキングを上げること」

世界ランキングを上げるには、国際大会に出て勝たなければいけません。それには、国際大会の日本代表になることが必要です。日本代表を決定するのは、どうしても主観的になってしまう恐れがあります。

客観的な選出方法が必要です。一番解り易い方法は、主要な全国大会で勝った選手は必ずチャンスを与えることです。取り分け全日本選手権大会は、最高の格付け大会として位置付けされなければいけないでしょう。

もちろん、インターハイや全国中学校大会などの日本の卓球を支えてきた伝統と高いレベルの大会を無視するわけにはいかないでしょう。日本には、多くの学校や選手が高い目標で練習に励んでいます。努力したことで大きなチャンスを掴むことが出来るからこそ頑張れるものです。

今回の全日本のランキング選手の出身高校です。一目瞭然、青森山田高校が日本のトップクラスに名を連ねています。日本の男子は青森山田で・・・20歳以下は、町飛鳥(大1) 坪井勇磨(高2) 丹羽孝希(大1) 酒井明日翔(高2) 及川瑞基(高1)
の5人です。プラス、ダブルスで優勝した森薗政崇(高3)と三部航平(高1)、ジュニアで優勝した吉村和弘(高2)です。

若い選手たちに当然のことですが、大きなチャンス(試練でもある)を与えてあげてほしいですね。

2020年東京オリンピックに向けて、英才的指導システムもいいですが、正しい競争原理を活用することも大事です。全国で講習会をしていますが、才能のある子供たちがたくさんいて、ワクワクしてきます。

1 水谷 隼 (東 京)DIOジャパン     青森山田高校
2 町 飛鳥 (東 京)明治大学        青森山田高校
3 吉田 海偉 (埼 玉)DIOジャパン    青森山田高校
4 上田 仁 (青 森)青森大学        青森山田高校
5 高木和 卓 (東 京)東京アート      青森山田高校
6 吉田 雅己 (愛 知)愛知工業大学     青森山田高校
7 岸川 聖也 (千 葉)ファースト      仙台育英高校
8 坪井 勇磨 (青 森)青森山田高校     青森山田高校
9 森田 侑樹 (東 京)シチズン       東山高校
10 丹羽 孝希 (東 京)明治大学       青森山田高校
11 酒井明日翔 (東 京)JOCエリートアカデミー/帝京 エリートアカデミー
12 松平 健太 (東 京)早稲田大学      青森山田高校
13 御内健太郎 (東 京)シチズン      上宮高校
14 時吉 佑一 (岐 阜)ZEOS       東山高校
15 大島 祐哉 (東 京)早稲田大学      東山高校
16 及川 瑞基 (青 森)青森山田高校     青森山田高校

ランチ1回分の月額料金でプレミアム動画が見放題!詳しくはこちら!