中級のパワーのあるボールを打つ

腹筋と背筋を利用した、BB理論Bending Bodyのレッスンコース。体幹(腹筋、背筋)を使ってよりスピード感や重みのあるボールを打つ!

体幹を使うための基礎

Lesson1
パワーを出す打ち方! 腹を折り、尻を突き出す構えが大切!【BB理論】
  • 日本と他国の選手では構え方が違う。
  • パワー不足で決められない!体が小さい選手は有効に体を使う。
  • 腹を折り、尻を突き出す。

Lesson2
レシーブの構え方。膝の屈伸ではなく、体幹を使うべき!【BB理論】
  • レシーブの構え方
  • 膝の屈伸では力が伝わらない
  • 腹筋、背筋を使う

Lesson3
レシーブの構え。足よりも体幹の力を優先すべき!【BB理論】
  • 体幹を利用すればパワーのあるボールを打てる
  • 足の力を使わない
  • バックハンドでも腹筋、背筋を使う

フォアドライブ

Lesson1
フォアハンドドライブ。前かがみの構えによって、AAも!【BB理論】
  • フォアドライブの方法
  • 自然とAA(鋭角)で捉えることができます

Lesson2
フォアハンドドライブ。インパクトのタイミングは体幹を使うとき!【BB理論】
  • 平岡先生がバックハンドを打っている様子です
  • 様々な角度からの動画で、鋭角に捉えているのが見やすくなっています

Lesson3
フォアハンドドライブ。目線を下げるのは、体幹を使うため!【BB理論】
  • 目線を下げるの本当の意味
  • 目線の下げ方も重要です

Lesson4
回り込み①基本【BB理論】
  • 回り込みの基本
  • 動くよりも体幹

Lesson5
回り込み②コースの打ち分け(前編)【BB理論】
  • コースを打ち分けする回り込み
  • 体幹を使えばコースが読まれにくくなります

バックの技術

Lesson1
バックハンドも体幹を使って狙う【BB理論】
  • バックハンド
  • バックハンドも体幹を使います

Lesson2
回転量の多いバックハンド【BB理論】
  • 回転量の多いバックハンド
  • タイミングが取れればラケットを自在に動かせます

Lesson3
バックサーブ基礎編2【BB理論】
  • バックサーブ
  • 体幹を使うと相手にわかりにくくなります

その他の技術

Lesson1
カウンタードライブもレシーブも体幹で!【BB理論】
  • カウンタードライブ、レシーブ
  • 体幹を使えばカウンタードライブは足でタイミングを取るわけではありません

Lesson2
カウンタードライブもレシーブも体幹で!【BB理論】
  • 台上フリック
  • 肘の折りたたみではありません

Lesson3
下がりながら打つ時も台上も共通【BB理論】
  • 下がりながら打つ場合
  • この場合も体幹を使います

Lesson4
ストップレシーブも体幹を意識する【BB理論】
  • ストップレシーブ
  • ストップレシーブでも必要です

Lesson5
バックカット【BB理論】
  • バックカットでの体幹の使い方
  • 回転に対しても苦労しなくなります

Lesson6
フォアカット【BB理論】
  • フォアカットでの体幹の使い方
  • ストレートへのカットはわかりにくくなります

有名選手の場合

Lesson1
全日本チャンピオンの幼少時のプレーの印象について【BB理論】
  • 男子全日本チャンピオンの幼少時
  • ボールが勝手にラケットに吸い付くイメージ

Lesson2
中国選手に共通の構え【BB理論】
  • 男子全日本チャンピオンの構え
  • トップの中国人選手の構え
  • 後ろからみたら誰なのか区別がつきません

Lesson3
体幹の使い方と打球点。腹筋と背筋を意識することで、打球点が前になる!【BB理論】
  • 女子日本代表選手の例
Lesson4
元世界チャンピオンのフォア打ちが出す雰囲気とは?【BB理論】
  • 元世界チャンピオン(女子)
  • フォア打ちから醸し出す雰囲気

Lesson5
中国選手に共通の構え【BB理論】
  • トップ中国人選手の構え
  • 後ろからみたらどの選手か区別がつかない!?

Lesson6
世界一多彩な技術を持っている選手は?【BB理論】
  • 世界一多彩な技術を持つ選手
  • 体幹を使う為、手足が自在に動きます

Lesson7
バックサーブは体幹を使う【BB理論】
  • 昔の名選手の場合(ハンガリー)
  • バックサーブで体幹を使っています