平岡義博ブログ
公式
ジュニア、トップ選手、強豪校を指導
父は田舛義一さんに商売の指南を受けに上京。 田舛義一さんは田舛彦介バタフライ創業者のお父さん

今日は、私の親父の誕生日です。
とはいえ既に天国に居を移しています
亡き兄の次女が持っていた親父の遺品にあった
遺言書と書かれたノートをもらい受けました。
今日は、読み直しています。
父は20歳の頃にスポーツ店を始めるため、
田舛義一さんに商売の指南を受けに上京。
田舛義一さんは、
田舛彦介バタフライ創業者のお父さんです。
問屋を紹介してもらい、
小さな小さなお店をスタートさせました。
3年後に母とお見合い結婚。
当初、商売はなかなり苦労したようです。
父と母が初めて会った時のことが
書いてありました。
卓球大会で来ていた柳井中学校の体育館。
ステージにいた父を親戚の人が呼び出し、
母を紹介したようです。
柳井中学校は私の母校で、
この体育館で卓球部の練習をしていました。
まさか母校の体育館がお見合いの場所とは
もしかして、初めて会ったのは、
ステージ横のドアのところか?
テラス廊下?橋の上?柳の下?
想像は膨らみます。
なんだか不思議な感じですね

2022年5月21日
ランチ1回分の月額料金でプレミアム動画が見放題!詳しくはこちら!