公式

ドイツ1部監督。青森山田前監督

コハル【 WTTユースコンテンダー ベオグラード(セルビア)大会 】に出発

コハル【 WTTユースコンテンダー ベオグラード(セルビア)大会 】に出発

明日から行われるWTTユースコンテンダーにコハルがドイツ代表として出場するため、ミュンヘン空港まで送って行きました。
一番心配だったのは、コハルだけ日本パスポートなので、パスポートコントロールの時に一人で「EU外」に並ばなければなりません。子供が一人で出国する時、色々質問されたりして止められることがあるのですが、引率のクリスティーナ・トートさん(冒頭の写真で「東京」のTシャツを着ている方です」が引率証明書も作成してくださり、

「Everything OK! Now we fly」と連絡が来たので一安心でした!

セルビアは私の家族では誰も入ったことのない国でEUではないそうです。コハルが初上陸です。

今回の試合にはアンダー11もありますが、それほどレベルが高くないだろうということでU-13とU-15にエントリーしているようです。


このWTTのページの

ベオグラード大会の

ここからライブを見れるかもしれません。ライブテーブルが何台設定されるかわかりませんが、ドイツ時間16:15(日本時間23:15)からの試合はテーブル1なので、ライブが入る可能性が高いと思います。日本の選手ほどハイレベルではありませんが、応援していただけましたら幸いです。

出発前日はクニックスホーフェン第2チームのシーズン初戦が2試合行われました。昨シーズンの4部リーグは6人制でしたが、今シーズンからは4人制になり、よりタイトな試合になりました。ただ昨シーズンNo6として大活躍したアキトと同じ年のマックスが肩の怪我のため戦線離脱。苦しいシーズンが始まりました。

アキトは昨シーズンはNo3として出場しましたが、今シーズンはNo2として出場、相手のNO1、No2と試合をします。「初戦のTSV Windsbachは優勝候補。NO1、No2はどんな選手だろう?」とユーチューブで検索してみると、

何と!

No1の選手はアルゼンチンの選手!三部航平選手(現シチズン時計)が青森山田時代に出場したITTFワールドツアー・チリオープンでの決勝の相手のロドリゴでした!

「ハリー ロドリゴ!チリオープンの決勝は覚えてる?KOUHEIはあの時は僕のクラブだったんだよ!」と言うと
「本当か!?あの決勝はマッチポイントを取ったけど最終的にフルゲームジュースで負けたんだ。もちろん覚えてるよ」

「昨シーズンまではポルトガルのポルトでプロフェッショナルな練習をしていたけど、子供が生まれたので今はアルゼンチンで暮らしていて、今日の試合のためにドイツに来たよ!」と。

これはアキトの相手としては強いぞ.. No2のアルゼンチンの選手もワールドツアーに出場している選手! でもこのレベルの選手と真剣勝負をできるのは絶好のチャンス!

【 アキトの1試合目の動画ですが、少ない好プレーだけ編集しています 】

No1のロドリゴには第1ゲームをジュースで取り、第2ゲームは簡単に負け。第3〜4ゲームは8対8までいきましたが最後は締められて1対3で敗退。No2の選手には左のサーブ3球目を防ぎきれず0:3で敗退。チームも1対9で敗退。

試合後、アキトが「アドバイスお願いします」と行ったそうですが、親切にアドバイスをくれたそうです。

2試合目は昨シーズン敗退していたチームとの試合でした。アキトは格上の相手No1には3対0で勝利し今シーズン初勝利、No2には0対3で敗退。チームも4対6で敗退でした。

【 2試合目も少ない好プレーだけ編集しています 】

「勝てなかったけど、凄く勉強になる」と試合後に語ってきたアキト。本番の試合で学ぶことは本当に貴重な体験です。1シーズン戦って成長して欲しいです。

そして同じ日…

妻とコハルがプレーしている Bad Rodach の初戦がありました。今シーズン5部リーグに昇格したので対戦相手もワンラック、いやツーランクアップらしいです。

「ヤベー、憂鬱..」と出発した妻。

コハルと妻で6点を叩き出しチームも勝利したそうです驚!
「2年前に勝てなかったカットマンも飛ばしてきたよ!」とコハルも。

もちろん絶「口」調で妻は帰宅しました。「4年間無敗記録は続いているよ笑!ただ来週のダブルゲームはキツそう…」と..

ランチ1回分の月額料金でプレミアム動画が見放題!詳しくはこちら!