公式

ドイツ1部監督。青森山田前監督

ドイツ・ブンデスリーグ第4節・vs ザーリュブリュッケン 【 シュテガーが二人のオリンピアンを撃破も2対3で敗退 】

ドイツ・ブンデスリーグ第4節・vs ザーリュブリュッケン 【 シュテガーが二人のオリンピアンを撃破も2対3で敗退 】

第4節・アウェーでのザーリュブリュッケン戦が9月8日に行われました。今シーズン、まだシャン・クン選手(中国)がプレーしていませんが、東京オリンピックで一躍有名になったダルコ・ヨルギッチ選手(スロベニア/WR25位)、フランシスカ選手(ドイツ/WR17位)、3番手のポランスキー選手(チェコ/WR141位)は、昨シーズン・ブンデスリーグとヨーロッパチャンピオンズリーグで準優勝しています。

クニックスホーフェンはシュテガーがどこまで調子が上がってくるか、マキシムは9月末に行われるヨローッパ選手権のためのドクターチェックでロシアにトンボ帰りで行ってきたばかり。強豪のビッククラブにどこまで迫れるかの試合でした。

オーダーは昨シーズン、ダルコに勝利しているマキシムを3番に置いてダルコ狙い。エースはシュテガー。しかし、ダルコがシュテガーを捕まえに来て2番。3番がポランスキー。

19:00 試合開始。

1番 キリアン vs フランシスカ。ブッチリ切れた下回転サーブから始まり、ハーフロングに対するストレートへのバックドライブ、フォアハンドのカウンタードライブと、とにかく1球1球のボールの質が高いフランシスカに対し、勝機を見出すことができず0対3での敗退。

2番 シュテガー vs ダルコ。試合前半は、強烈なダルコのバックドライブが火を吹きましたが、次第にサーブレシーブに慣れてきたシュテガーが、徹底して台上での展開に持ち込みます。ダルコのバックドライブは「ノーバウンドで打っているのか?」と思えるくらい打球点が速いのですが、1球凌いでからの大きなラリー戦でも得点を重ね、3対1での勝利!私もダルコと1シーズンを過ごしているので彼のプレーは熟知していますが、戦術を伝えると試合中に切り替えることのできるシュテガーはやっぱり凄いです、

3番 マキシム vs ポランスキー。移動が多く練習量が少なかったため、万全ではなかったかもしれないマキシムですが「俺はいつでも試合はできる!」とハングリーな気持ちは若い選手が強くなるためには必要な要素だと思います。豊富な運動量と技術力でポランスキーを捕まえ勝負は最終ゲームへ。
5ゲームの立ち上がりに力んでしまい連打にミスが出て2対3で敗退しましたが、あと一歩。

4番 シュテガー vs フランシスカ。ここ数年はフランシスカに勝ったことがないシュテガー。ただ今日のシュテガーはフランシスカの質の高いボールも完全にキャッチし、8対8や10対9の場面でエッジボールや角当たりで入るなどツキもありましたが、それにしてもフランシスカの強烈なループドライブをカウンタードライブで感覚の良さはベンチから見ていても本当に凄いです。オリンピック団体銀メダリストを3対0で下す大金星!

5番 キリアン・マキシム vs ダルコ・ポランスキー。両選手共バックの横回転サーブから試合を作ってくるため、なかなかストップの典型に持ち込めないキリアン・マキシム。ストップができずフリックやチキータをさせられて狙われる展開が多く、最後は相手の好プレーも出て1対3で敗退。

チームは2対3で敗退し、1勝3敗となりました。

【ハイライト動画です】

今シーズンはここまで強豪の3クラブ(デュッセルドルフ・オクセンハオゼン・ザーリュブリュッケン)との試合があったので、むしろここからが勝負です。次の試合は9月11日(土)アウェーでのグルーンウェッターズバーグ戦です。昨シーズンまでは少し力の落ちるクラブがありましたが、今シーズンはどのクラブも戦力が整っているので、タフな試合が続くと思います。

チームの大黒柱シュテガーの調子が上がってきたのが嬉しいです。次は4年前のダルコのような、救世主的な活躍をする若手2番手選手を育てなければなりません。

ランチ1回分の月額料金でプレミアム動画が見放題!詳しくはこちら!