公式

ドイツ1部監督。青森山田前監督

いよいよスタート!ドイツ・ブンデスリーグ!

いよいよスタート!ドイツ・ブンデスリーグ!

9月6日(日)ドイツ時間15:00、日本時間22:00から、いよいよ2020-2021シーズン・ドイツ・ブンデスリーグが始まります。

我がクニックホーフェンは今季開幕戦、フルダをホームに迎えます。シュテガー選手の動きのキレは健在。フィリップ選手もクロアチアのナショナルチームで厳しい練習を継続していたので見違えるほど体がしっかりしていました。キリアン選手も高いモチベーションで練習ができています。一方、フルダにはアルーナ選手(ナイジェリア・WR20位)が加入し更に強くなっています。

ブンデスリーグの試合は
http://ttbl.de/
の中の「live ticker」ではライブスコアを見ることができ、「TTBL-TV」からは試合がライブで観戦できます。

新加入のサリフー選手(フランス)が出場できません。今シーズンは何が起こるのか全く予想できないので、現時点での選手達でベストを尽くし続けるしかありません。実際に開幕戦の優勝候補同士オクセンハオゼン対ザーリュブリュッケン戦が延期になりました。また今後状況が悪化しドイツの国境が閉鎖される可能性も残っています。「コージ、アキトを登録しておこう。今シーズンはどうなるか全くわからない。本当に選手が3人揃わない可能性だって有り得る。選手が試合中に怪我をしてしまいラストのダブルスに出場できない事だって有り得る。」マネージャーのアンディーからの提案でした。「アキトは一部に出場するライセンスを持っていないよ。それにエントリーの締め切りは5月31日じゃないの?」と伝えると「今年はコロナの影響でエントリーが8月31日まで延長されたんだ。そして若い選手でドイツのナショナルチームに入っている選手は特別にエントリーが認められる。アキトはナショナルチームのメンバーではないけれど、ナショナルチーム合宿に招聘されたから、これでオッケーなんだ」。もちろんアキトが出場しなければならないということはチームにとって危機的状況ですが、ベンチに入って目の前でプレーを見たり、実際にプロ選手と一緒に行動することで得られるものは計り知れないと思います。

「コージ!コロナ期間考えた新しい技術はどうだ?」とシュテガー選手。
【動画です】


「バースティー。数年前まではフォア前をチキータする事は誰もやらなかったけど、今では主流になっている。あと数年後、この技術が流行したら『バースティー』と名付けよう!」

・無観客試合
・プレーする選手以外はマスク着用
・選手とコーチの椅子は指定され、そこから動くことはできない
など、特別ルールがもちろんありますが「マスクをしていても声を出して応援するのは許可する」との事です。

ようやくシーズンが始まります。半年間待ち望んだ公式戦です。

ランチ1回分の月額料金でプレミアム動画が見放題!詳しくはこちら!