TT理論の使い分けのポイント