公式

ジュニア、トップ選手、強豪校を指導

全日本 卓球!!!世紀の番狂わせ

全日本 卓球!!!世紀の番狂わせ

波乱の多い全日本 !!!

いや、波乱がもはや波乱ではなくなる
全日本になるのではないでしょうか。

ひとつ、ひとつの試合にドラマがあります。

混合ダブルス優勝は、森薗・伊藤ペア。
森薗選手の卓球に対する真摯な姿勢には、大学の後輩でもありますが、頭が下がる思いです。
しかも性格が明るくて爽やかなところがいいですね。

ジュニア男子優勝は、戸上選手。
1年ちょっと前までは指導にかかわっていました。
最近はその成長を見守るだけですが、
キレの良いプレーは安定と迫力を増していますね。

決勝の宇田幸矢は、完璧な出来で2-0リードしていたのに3ゲーム目の中盤にタイムアウトを取ってからミスの連発で逆転負け。
なぜ、あのタイムアウトを取ったのか?
素人でも有り得ないタイムアウト。
その時に一体何があったのか?
あそこまで豹変する試合を見たことがありません。
あの試合を戸上選手側と宇田側から詳しく分析してみたいですね。

ジュニア女子優勝は、出澤選手。
いでさわ選手です。
世紀の番狂わせ、かもしれません。
監督の小貫のおばあちゃんとは、30年来の付き合いです。

【異質ラバーの本格派を目指せ】

バンビの時から言い続けてきました。
いよいよ、そのスタイルが本物の
【いでさわスタイル】になってきました。

挨拶に来ていただいた出澤選手の両親とパチリ。
ちなみに、シェークハンズのグレーのトレーナーを着ているのは、だもんでオジさん!割り込んできました(笑)

スクリーンショット 2019-01-18 8.35.06

スクリーンショット 2019-01-18 8.35.14

スクリーンショット 2019-01-18 8.35.27

スクリーンショット 2019-01-18 8.34.57

ランチ1回分の月額料金でプレミアム動画が見放題!詳しくはこちら!